page1page2page3
 

生産技術。

生産技術。

製品をつくるには、設備(機械)が必要です。売っている機械を購入すれば間に合う場合もありますが、独自に優れた設備をつくり出せば、その設備によって生産される製品は、品質や特性やコストなどの面で競争力を持つことができます。私たち生産技術は、自社の各拠点(工場)からの支援依頼に応じて、新たな設備を開発をしたり、これまでに開発した設備の修復をしたりするのが主な仕事です。さらにITシステム、PC修理等情報部門の整備も業務に含まれます。

一口に設備開発と言っても、なかなか息の長い仕事です。図面作成から始まり、部品調達、組付け等を経て設備を完成させ、立ち上げ、稼働まで責任をもって行ないます。さらに手掛けた設備が各拠点で実際に稼働した後も、故障などのトラブルの際は、すぐに駆けつけて修理対応します。

生産性を向上させるなど、現場のニーズに応えるのが私たちの仕事ですから、現場との信頼関係が何より重要になります。常に現場の声を聞いた設備の開発、現場の人が使いやすい設備の提案、サポートの充実、スピード感をもった行動に心がけています。いつも最新の設備技術についての知識を吸収することも大切ですね。

そして、生産現場における設備は、実際にこれを使う人ばかりでなく、品質管理や設計部門との連携も欠かせません。幸い当社は、技術者同士が部門を超えてチームワークがいいので、仕事はとてもしやすいです。

生産技術チームは、機械好きの集まりです。プロ意識が強く、機械関係、電気関係知識も豊富で、ときに口は悪いけれど仕事はきっちりやる人たちです。自分の技術の深堀ができる環境に恵まれていて、個々の能力を引き出すことができる組織ではないでしょうか。

Comments are closed.